主食は風です。

はぁい皆様!3連休満喫してますか?
ごろんは土日祝日が休みになったので、がっつり満喫しておりますww

スーパーインドアの私の一日目はこれ!!

雑誌「大人の化学」のおまけミニ・リノセロスを作っていました!!イエー!
(ええ。ええ。根暗なのは分かってますよ)

このリノセロス生み出した天才はテオ・ヤンセン氏。
オランダ出身の芸術家で鬼才と呼ばれてるんだとか。・・・かっけぇ
大学で物理学を専攻、その後画家転身したんだそうです。
は~あの複雑な構造は物理学を学んでいたからですか~なるほどね~

これ色々やばいんですけど、まず見ためがやばい!なにこれ!
本物は重さが2トン、身長が4.7メートル(でかい!やばすぎ!)
人が一人で少し押して動かしてあげれば、後は風の力で進むんです!
すごくないですか!?やばくないですか!?
風に向かって歩く姿から「風を食べる生命体」と言われてるんですが
やばすぎ!かっけー!!鼻血出る!
動きがぬるぬるしてる感じもやばい!ほんとに動物みたい!
youtubeにも動画がupされていますので是非動いてる姿を見てください!
実は日本科学未来館に実物が来ていたのですが
2月に展示終了・・・
完全に行き遅れました・・・。ああああ・・・
実物見たかったな・・・あああああ・・・

ミニ・リノセロスの制作は1時間強くらいかかったと思われます。
普段全く頭を使わないので、軽く知恵熱が出たのか汗かきましたww
テスト勉強以上に集中しましたねー
組み立てるだけでしたが、ちょっぴり天才の仲間入りした気分を味わえました
いやー楽しかった!激しくおすすめ!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください